借り入れ

 

色々な人の借り入れ方法│あなたに合うお金の借り方はどれ?

こんなローンを選びたい〜正社員の借入

借入をする際には、最適の借入方法を選びましょう。お金を借りる目的によって、あるいは申し込みをする方によって、ピッタリのローンは違ってきます。申し込みをする方の職業や年収などによっても、申し込めるローンが限定されることもあります。まずは、自分がどんなローンを利用できるのかという前提を知っておくことや、より使いやすいローンを前もって知っておくことで、ローン探しの時間を短縮することもできます。お金を借りるといっても、その前に申し込みや契約などの手続きが必要です。手間なく申し込みができるローンを探すこともおすすめですよ!ネットを活用して最適ローンを選びましょう。

 

正社員が借入する時には、どんなローンがおすすめなのでしょう?正社員の方は、借入しやすいと考えられていますね。実際、ローンに申し込みをする際には、条件として「安定した収入」が挙げられています。正社員ということで収入は安定している方が多く、様々なローンに申し込みやすいといってもよいでしょう。

 

正社員の方は、急いでいるなら借入までの時間が短い消費者金融のカードローンや、安心して申し込みができる銀行カードローンなどがおすすめです。年収条件をクリアしていれば、より低金利で利用できるローンを扱っている金融機関もあります。

 

いずれにしても、正社員の方にとって選択肢は多いといってもよいのです。よりよいローンを選ぶためにも、借入目的や必要な金額などをまず自分で明確にしておくとよいでしょう。

 

参考サイト・・・消費者金融うさっぴ|失敗しない!消費者金融はじめての選び方

 

アルバイトやパートの借入

以前のように全ての方が正社員というわけではなくなっています。アルバイトやパート、契約社員や期間社員など様々な働き方があります。アルバイトでも、正社員と変わらない収入を得ている方もいるでしょうし、ライフスタイルに合った働き方を選んでいるという方もいるでしょう。しかし、ローンを利用する時には、借入しにくいのでは?と不安になることもあるかもしれません。

 

アルバイトやパートなどの方も、安定した収入があれば、その収入に応じて利用できるカードローンやキャッシングなどを見つけることができます。消費者金融のキャッシングでは、総量規制の範囲内での借入をしないといけません。総量規制とは、年収の1/3までの金額を貸金業者から借りられるという法律です。貸金業者からの借入額を総合計して総量規制の額に収めないといけないのです。つまり、30万円必要ならば少なくとも年収は90万円でないといけません。

 

銀行カードローンでは、この総量規制を受けません。少しでも大きな金額を借りたいと考えているのなら、貸金業者ではなく銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

 

月々のお給料に波がある場合は、返済のペースという点からいっても、低い方の額で返済シミュレーションをしておくとよいでしょう。もしも余裕があるのなら、随時返済や一括返済などをするのもおすすめです。手数料などがかからず、随時返済しやすい方法があるローンを選んでおきましょう。

 

学生だからこそ借入する??

「仕送り使ってしまった…。アルバイトのお給料が入るまでに、まだあと1週間もある。」「この本を次の授業までに購入しておくこと、という指示があったけれど、値段が高すぎる。今あるお金じゃ買えない。」学生ならではのお金の悩みは尽きません。学生も利用できるローンを上手に使ってピンチを乗り越えてみませんか?学生のためのローンは、学生ローンだけではありません。満20歳以上でアルバイトの安定した収入があれば、銀行や消費者金融のカードローンにも申し込みをすることができます。

 

銀行や消費者金融のカードローンなら、卒業後もそのまま利用できます。学生ローンでも、卒業時に全額返済しなくてもよいものもあれば、社会人になってもそのまま継続して借り入れできるものもあります。ただし、学生ローンは学生街などで営業されていることがほとんどで、直接店舗に行っての契約が必須となっている場合もあり、全国どこからでも同じ条件で利用できないものもあります。

 

限度額を決めて、その金額の範囲で何度でも借りられるというローンは、学生の間には有効に活用できるでしょう。授業やサークル活動だけでなく、趣味の充実や旅行など様々な目的にローンを使っている方がたくさんいます。多目的に使えるカードローンはピッタリですね。学生の間だからこそできることを逃さないように、上手にローンを使っていきましょう。

 

専業主婦の借入

ママ友で食事会、子供のおけいこ事、冠婚葬祭など専業主婦の方が「もうちょっとお金があったらいいのに…。」と思うタイミングは意外と多いものです。足りない分を補うために借入をするのも、専業主婦だと簡単ではないと思いますね。専業主婦の方は、本人収入がないため貸金業者に申し込むことができません。配偶者に安定した収入があれば申し込みができるのは、銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは、貸金業法の規制を受けないため、専業主婦の申し込みを受け付けているものもあります。ただし、限度額の点などで収入がある方本人が利用するよりもやはり低い設定となっています。

 

銀行カードローンは、ネットの利用や、解約しない限りは繰り返して使えることなど、主婦の方のとっさの出費での安心感につながるはずです。「今すぐサッと借りたい。」という時に備えて、前もって申し込みをしておくのもよいでしょう。というのも、銀行カードローンでは入会金や年会費がかからないからです。維持費なしで、高い安心感を持てる方法ですから専業主婦の方にもおすすめなのです。

 

貸金業法改正の後、申し込みの範囲が狭まったと感じている方も多いのですが、銀行カードローンでも即日借入に対応できるもの、もちろん金利の低いもの、なども見つかりやすくなっています。銀行に行かずに利用をスタートできるものなどもありますし、口座を開設しなくてもすぐにキャッシングできるようになるものもあります。